Forest Villa Home フォレストヴィラホーム 採用情報サイト

WORK & VOICE

フォレストヴィラホームでの仕事についてスタッフが語ります。

フォレストヴィラホームの営業職
家づくりを希望されているお客さまとお会いしてご要望をヒアリングし、提案をするのが営業の主な仕事。お客さまは当社で家を建てた方からのご紹介が半数以上、あとは資料請求やモデルハウスへのご来場、電話問合せいただいた方などです。

久保亘

特建課 主任 2013年入社
逃げずに向き合った人だけがわかる、営業の「本当の楽しさ」
 とにかく家づくりが大好きで、大学の建築学科を卒業後ずっと建築に携わっていました。当社には設計職として入ったのですが、2年半ほど経ったある日、「営業をやってみないか」と。正直、最初はイヤでしたよ(笑)。だって設計が好きでしたから。でもやってみたらめちゃくちゃ楽しくて、今では天職だと思っています。
 営業という仕事の面白みは、やっぱりお客さまの懐に入り込んで、信頼を積み重ね、喜びも悲しみも分かち合う関係を築けることです。お客さまにとっては一生に一度の家づくりなので、思いの強さはこちらの想像以上。なので、どうしても意見がぶつかり合うこともあります。そこで大切なのは「逃げない」こと。自分で考え、社内で相談し、お客さまと話したりして、問題にとことん向き合ってお客さまにとって一番幸せな方へと導くことに全力を尽くす。それで初めて、営業の「本当の楽しさ」に出会えると思います。
 私たち営業職が胸を張って当社の家をお客さまにお勧めできるのは、全員が「偽物は作らない」という信念でものづくりをしているから。例えば工務職が選ぶ部材ひとつ、設計職が引く図面の線一本、全てに妥協がありません。だからこそ、私たち営業職はウソのない言葉でお客さまに伝えられます。私は決して押しが強いタイプではなく、お客さまの隣で話を聞いたりアドバイスしながら共に歩んでいくスタイル。それでもちゃんと売れて営業として順調に続けていけている理由は、うちが本当にいいものを作っていてそれがお客さまに伝わっていることに尽きますね。
 これから入社する方に望むのは、輸入住宅を好きになってほしい、ただそれだけです。知識がなくてもしっかり教えますし、未経験でもキラリと光るものが一つでもあればそれを認めて伸ばしてくれる会社ですよ。
 住宅の営業職は忙しいイメージがあるかもしれませんが、私はちゃんとプライベート時間も取れています。休みの日は、以前はよく飲みに行っていましたが結婚して子どもが生まれてからは家族と過ごすことが多いですね。そう、当社はイクメンが多いんですよ。私もよく先輩パパに相談したり情報交換したりしています。

本物を作っている会社だから、自信を持ってお勧めできる

本物を作っている会社だから、自信を持ってお勧めできる
フォレストヴィラホームの設計職
営業と一緒にお客さまからご要望をヒアリングして、ラフ図面を描いてプランニングしご提案。話がまとまったら、CADで実施設計図を作成していきます。

鳩野秀昭

設計部 主任 2014年入社
当社が建てた家に一目ぼれして入社。迎えてくれたのは心優しいプロ集団
 短大の建築学科から新卒で入社しました。一軒の家を建てるいくつもの工程のうち、最初の0から1を作り出す段階に携わりたいと設計職を志しました。
 フォレストヴィラホームに決めたのは、当社が建てた家を初めて見た瞬間「かっこいい!」と一目ぼれしたから。「この家を作っている人たちもさぞかし素敵なのだろう……!」と、ワクワクしながら会社説明会に行ったことをよく覚えています。
 実際に入社して出会えたのは、家づくりの「美」にとことんこだわり一切の妥協をしない本物のプロ集団。私の意見なんかも新人だからと否定されることはなく、「それは本当に美しいのか?」という視点で真剣に考えてくれたのがうれしかったです。かと思えば、大きな仕事の後には「お疲れさま!飲みに行く?」と労ってくれたり、休憩時間に笑える画像を見せて和ませてくれたりするあったかい気遣いも。当社が作る家がこれほど魅力的なのは、先輩たちのそういう人間力がそのまま家づくりに反映されているからなのだと感じ、その一員になれたことを誇らしく思いました。
 設計職はプランニングが花形というイメージがありますが、それ以前に輸入住宅の構造のしくみがしっかり頭に入っていることが重要。だから私の場合、入社後3年くらいは先輩が作ったプランの実施設計図をひたすら書き続けていました。目安として新卒だと2~3年、国内住宅設計経験のある方だと半年~1年くらいは、“下積み期間”が必要であることは覚悟しておいてくださいね。とは言っても、私たちがイチから丁寧にお教えしますので、前向きな気持ちさえあればきっと楽しく仕事を覚えていけるはずです。  
 当社の設計職の特徴は、お客さまと接する機会が多いこと。折衝段階から営業と同行して、一緒になってお客さまの要望をヒアリングします。なので、お客さまにどんどん会って話を聞きそれをカタチにすることに喜びを感じる方には向いていると思います。引き渡しの時なども積極的に立ち会うようにしているのですが、「すごく良い家を作ってくれてありがとう!」と言っていただける瞬間、最高にうれしいですよ。

お客さまから直接要望を聞き、それをカタチにする喜び

お客さまから直接要望を聞き、それをカタチにする喜び
フォレストヴィラホームの工務職
輸入住宅の建築における現場管理、予算管理、品質管理の業務を行う部署。現場監督として家づくりに携わりながらお客さまとも密に関わる、作る人と住む人の橋渡し的役割とも言えます。

岩下忠裕

久留米営業所 工務部 係長 2012年入社
お客さまと一緒に夢を実現する「提案型工務」
 以前からさまざまな建築現場に関わる仕事をしてきた中で、これからはエンドユーザーと直接ふれあえる環境に身を置きたいと思うようになり、お客さまと二人三脚で夢を実現していくフォレストヴィラホームのスタンスに共感して入社を決めました。
 うちの工務職の特徴は「提案型」であること。お客さま一人一人の要望を聞き取り、「希望を叶えるにはどうしたらいいか?」を設計やコーディネーターと相談しながら知恵を絞って、お客さまに示していきます。輸入住宅を建てるお客さまはこだわり派の方が多く、お好みも幅広いですが、そういった要望に最大限応える姿勢で臨むのが当社のポリシー。だから仕事量は多いですし大変なこともありますが、完成したときに「すてき!」と喜ぶお客さまの笑顔を見たら苦労は全て吹き飛びます
 入社にあたって人間関係の不安はつきものですが、当社については心配する必要はないと思いますよ。特にうちの部署は、役職や年齢に関係なくフラットにコミュニケーションを取れる環境。みんなけっこう個性は強めなんですが(笑)、頭ごなしに叱ったり否定したりするような人はいませんし、ミスを責めたりすることも一切ありません。助け合っていこうよという考えの人ばかりですから、なじみやすいはずです。
 部下には、とにかく「思ったことは何でも言って」と伝えています。内容が正しいかどうかではなく、自分の考えを相手に示す姿勢が大切だと思うので。私自身もオープンに接することを心がけています。
 ぜひ一緒に働きたいのは、自分でやりがいを見つけられる人。建築の知識がある程度あれば、輸入住宅が初めてでも大丈夫です。実際、今活躍している若手2名は輸入住宅未経験からのスタートでした。チャレンジを苦痛に思わず能動的に取り組むことさえできれば、いくらでも楽しめる仕事だと思いますよ。

自らやりがいを見つけチャレンジを楽しんで

自らやりがいを見つけチャレンジを楽しんで